遠征の貧乏性のような何か

マンスリーアコースティックライブが始まってから毎月の様に京都から東京に出てきている。3年近くそういう生活をしているとそれなりに東京に出て来る意識的なハードルは下がって来る。夏や冬のツアーで東京に出て来てた頃よりも断然気楽ではあるし、油断はしていると思う。「また来月くるし」という意識はどこかに存在している。それはそうとして財布的には気楽かというとそれはまた別のお話ではあるのだが......

移動手段によって何時にどこが最終デッドラインというのはわかっているので、それまで時間が潰せる、何かできるという感覚はある。だが、それで何かできるというのは別の問題のようで、心のどこかで何か交通トラブルがあったらという恐れが出てきて、遠くに行けない。新幹線なり夜行バスなり、その日の長距離移動手段へ徒歩で行ける距離のところで時間まで何かする程度に留まってしまう。せっかくお金を出して東京に出てきてるんだし何かもう少し東京を堪能してもいいと思うんだけどな。

過去に大雨で目的地の駅が水没したり、台風か何かで新幹線のダイヤが大幅に乱れたりと多少はトラブルを経験してるので、どうしても心配性になってしまうんだろうなぁ〜。青春18切符で北海道へ行く際もトラブル対応のマージンとして1日前に着くように移動したような気がする(笑

多感な時期に身についた性分から抜け出すのは、なかなか難しいのかもしれない。

s_harukaze (2018年5月27日 ) | トラックバック(0)

ライブ当日のこととか

なにげに、マンスリーライブももうすぐ四年目突入になる。今の雰囲気だと可能な限りはマンスリーライブを継続していくのだと思う。その合間合間に舞台などの別の活動が入ってきたりするので、昔のようにネタ切れ感がなくていいものだなと思っている、

それはそれとして......さすがに何度も同じ会場だと会場に行くまでの新鮮味がほぼ無いのが勿体なく感じる。関東在住なら、それも仕方ないとは思うのだが、自分の場合関西在住なのだ。せっかく東京まで出てきてるのだから何かプラスαの経験なり何かがあってもいいと思う。
バスタ新宿から明治神宮行って会場に向かうのがたまにやる行動パターン。朝の明治神宮は何気にいいものだ。ただこれも毎度毎度となると面白味が無くなるので、たまにやるくらいにしておきたい。となると、別の行動プランが欲しいところだが、これといって思い浮かばない。時間の関係で博物館とか美術館とかは行きにくい。あと都内の寺社仏閣に関して疎いので、これといった候補が出てこない。何かを見に行こうという欲というのを湧き上がらせようと、これは案外難しいものだな。何かの閃き待ち状態だ。

朝東京について、昼前に知り合いと合流するまでの時間をどうするか?今月も夜行バスに乗るまでぼんやりと悩むのだろうなぁ。


s_harukaze (2018年5月24日 ) | トラックバック(0)

ぼちぼち日記を再開させたいところ

やはりTwitterばかりやっていると、文章力とか表現力とか、そういうものが落ちてしまっている気がする。
あと、キーボード操作のミスタッチとかが昔に比べて増えたような気がする。

のんびりでいいからある程度まとまった文章を書くようにした方がいいかもと思う。

s_harukaze (2018年5月19日 ) | トラックバック(0)

今日気づいたこと

ミュージカルの出演の情報を調べてて気づいた。ミュージカルの会場の「AiiA 2.5 Theater Tokyo」の場所ってSHIBUYA-AXと同じだわ。

s_harukaze (2017年5月26日 ) | トラックバック(0)

伊達と酔狂の域なので

気が付けば椎名へきるを知ってから20年の月日が経っていました。サイト開設からだと16年くらいかな~。ぼんやりと感慨にふけったりしてた時の思い付きと勢いとあと何かでドメインを取得しました。

アクセス数アップとかSEO対策とかなんとかというよりも、銀河英雄伝説的に言う所の「伊達と酔狂」ってやつです。
個人ホームページの流行が廃れ、ブログの流行も遠い昔のようで、mixi等のSNSからtwitterやLINEといったコミュニケーションツールが全盛になっても「それがどうした」って感じで相変わらずサイトをやっていけたらなぁ~と思います。

とはいえ、ものぐさなので更新頻度はたいしてあがりません。

s_harukaze (2017年3月20日 ) | トラックバック(0)

月日が経つのが早いのか、のんびりしすぎたのか・・・

ライブでのセットリストを掲載しておかないとなぁ~と思いつつのんびりしていたら、もうライブまで1週間を切りました。ってことで慌ててライブのセットリスト情報を更新。
あとは岸野組に関しての情報も掲載しておきました。

ここ1~2年のアクティブな活動はありがたいのですが、のんびり更新しよう~という癖を治しておかないとやばいなぁ~とふと思いました。

s_harukaze (2017年3月 5日 ) | トラックバック(0)

400回ライブに向けて・・・

明日のライブで400回。記念ライブという事でそれなりに演出とか凝ってくるのかなぁ~と思うものの、MCとか寸劇とかどうしてくるんだろうなぁ~とそっちのほうが気になる前日です。
んで、ざっくりと351回からのライブ一覧を・・・これで、あってるよな(汗

何か計算が合わないので仮修正

  1. 2012年8月26日(日) 東京 Zepp Tokyo
  2. 2012年9月07日(金) 仙台 RENSA
  3. 2012年9月09日(日) 札幌 ペニーレーン24
  4. 2012年9月16日(日) 新潟 LOTS
  5. 2012年9月22日(土) 広島 CLUB QUATTRO
  6. 2012年9月23日(日) 福岡 イムズホール
  7. 2013年8月3日(土)東京 新宿 BLAZE
  8. 2013年8月10日(土)大阪 umeda AKASO
  9. 2013年8月11日(日)愛知 名古屋ボトムライン
  10. 2013年12月31日(昼) 大阪 umeda AKASO
  11. 2013年12月31日(夜) 大阪 umeda AKASO
  12. 2014年 1月 4日(昼) 東京 Shibuya O-EAST
  13. 2014年 1月 4日(夜) 東京 Shibuya O-EAST
  14. 2014年 1月 5日(昼) 愛知 名古屋 ELL
  15. 2014年 1月 5日(夜) 愛知 名古屋 ELL
  16. 2014年12月29日(月) 大阪 なんばHatch
  17. 2014年12月30日(火) 東京 東京国際フォーラム ホールC
  18. 2015年8月1日(土) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  19. 2015年8月1日(土) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  20. 2015年9月5日(土) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  21. 2015年9月5日(土) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  22. 2015年10月4日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  23. 2015年10月4日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  24. 2015年11月1日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  25. 2015年11月1日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  26. 2015年12月6日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  27. 2015年12月6日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  28. 2015年12月31日(木) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  29. 2015年12月31日(木) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  30. 2016年3月12日(土) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  31. 2016年3月12日(土) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  32. 2016年4月17日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  33. 2016年4月17日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  34. 2016年5月1日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  35. 2016年5月1日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  36. 2016年5月21日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて(みたいラジオミニライブ)
  37. 2016年5月21日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて(みたいラジオミニライブ)
  38. 2016年6月12日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  39. 2016年6月12日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  40. 2016年7月2日(土) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  41. 2016年7月2日(土) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  42. 2016年8月6日(土) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  43. 2016年8月6日(土) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  44. 2016年9月22日(木・祝) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  45. 2016年9月22日(木・祝) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  46. 2015年11月20日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  47. 2015年11月20日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  48. 2016年12月31日(土) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  49. 2016年12月31日(土) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
s_harukaze (2017年1月14日 ) | トラックバック(0)

カウントダウンライブと400回と・・・

カウントダウンライブが無事終了して、忘れないうちに感想やまとめなどをざっくりと箇条書き・・・
ちゃんと何かを残しておかないと忘れちゃうからなぁ~


・昨年と違いお座敷席が開放されていたので、非常に見晴らしがいいスポットが登場
・ただし、飛べないので欲求不満になる可能性がががが・・・
・バンドスタイルのライブの安定感とか安心感と言うかこれだよねって感じ
・色褪せない瞬間であったり大切なページがちゃんと大切にライブで歌い続けてこれた曲になったなぁ~としみじみ感じた
・届けたい想いは、今回はまたちょっとだけ歌い方の雰囲気が変ってた。
・5月のみたいラジオのイベントの時も良かったんだけどもそれとも違う良さがあった。今年は当たり年だねw
・ってなるとね音の響きのいい会場でフルバンドスタイルで聴いてみたい欲求が・・・
・エバラス⇒赤い華の繋ぎは鉄板構成だし、止めのSNOW fallですごくいいブロックだった。ギターの良さで痺れるわ~
・マンスリーアコースティックライブで、より変態よりになっていった3人に驚くKENちゃん。2本のライブで追いつけたのかなぁ~w
・バンドスタイルのライブでの良さを感じる後半
・2本目のカウントダウンライブではセットリストの構成が一部変更
・他に色々選択肢があるなかで2016年の最後の曲をPROUD OF YOUにするセンスがすごいなぁ~と感動した。
・自分の聴きたかった曲が聴けたり、今まで聞いてきた曲でも新たな発見があったりといろいろあった2016年を締めくくるに相応しい曲だったな。
・2本目は会場の後ろの方で音環境はそんなに宜しくなかったんだけども、WONDER☆RIDERのケン坊のキーボードの音の通りが良くて、なんか凄く良かった。
・アコーステックで表現の可能性を求めていくステージも良いし、ステージ狭しと動く椎名へきるも良いなぁ~と思う年末年始でした。
・2017年はどんなものが見れるのだろうなぁ~


400回ライブに関しては、新春のラジオの方でヒントが出てました。
・1st2ndアルバムの曲しかやりません
・アコーステックライブはアコースティックライブだそうです
・楽曲の順番にご注目ください
・復刻デザインのグッズもあるかもしれない

どのようなライブなるか楽しみですね。

s_harukaze (2017年1月 4日 ) | トラックバック(0)

そうきたかぁ~。

いつぞやのマンスリーアコースティックライブで、「年内にCDを出します。」というような事をプロデューサーの大楽さんが言っていた。 ただ、キッチリとした言い方ではなく何か濁した感じで発言したので、なんだろうなぁ~と 思っていたら、この様な形でCDが出るわけだったんだなぁ~。

「keeno song collection-feat. Female singer-」のボーカルの一人としてアルバム参加だそうで。ありがたいことにフルサイズの視聴音源がYOU TUBEに公式アップロードされてるし。

視聴音源を聞いた感じだと曲調とへきるのボーカルの相性が良い気がするのでこのアルバムは期待していいと思うんだ。クリスマス時期が楽しみだなぁ~。

s_harukaze (2016年10月22日 ) | トラックバック(0)

最近のあれやこれや

10月の半分が過ぎてしまったのだが、今期のアニメの第1話がまだ見れてないのが数作品。
土日にまとめて見ようと思ってみたものの用事があったりでなかなか時間が確保できず。

サイトの更新もちょっと遅れ気味。仕事が落ち着いたら来年迎える400回公演までの公演をまとめる作業をやってみたい。
いつになるやら・・・

s_harukaze (2016年10月16日 ) | トラックバック(0)

とりあえずの情報更新など

最近の情報などを更新しつつ、ライブ関係の情報更新は一応終了しました。
ライブ情報に関しては、8月のライブまで更新。ついでに全曲リストの方も8月までのデータを反映しました。

マンスリーアコーステックライブも2回目の演奏曲もチラホラ増えてきました。とはいえ、まだ過去にライブで1回も歌ってない曲が残っているので今後のセットリストがどんな感じになっていくか楽しみですね。

s_harukaze (2016年8月12日 ) | トラックバック(0)

更新再開してみたり

更新意欲がやっと沸いてきたので、サイトの更新を再開してみたりしています。
とりあえずは、ここまでのアコーステックライブの情報を充実させていくのが目標です。

今日は、15年8月の分のセットリストを更新。それに伴い全曲リストも15年8月演奏分までを反映。
このライブでは愛のてんこ盛りがついに初演奏だったんですな。

s_harukaze (2016年8月 9日 ) | トラックバック(0)

自信ないけどミルキィTDタイトルと元ネタ

ミルキィホームズTDが本放送終了。ミルキィの第1期2期はサブタイトルがミステリーなどの作品のパロディーらしい。なーんとなく今期のタイトルに引っかかるところがあったので、改めて見直してみたら、確かに何かのパロディっぽい。

確信を持ったのは「謎解きは それがやっぱりお約束!の前後に」と「カジノ・思いやる」 これはあの作品のパロディーだろうなというのがすっと思いついた。ということで、ささっとgoogleを駆使して探してみた。以下は自分がそうなんだろうなと思った元ネタタイトル

  • 1話 妖精たちは森に隠れる(子供たちは森に隠れる)
  • 2話 パーフェクト・フール(パーフェクト・ブルー)
  • 3話 カレーの国では遠すぎる(九マイルは遠すぎる)
  • 4話 一発屋シテミル(インシテミル)
  • 5話 キャロルの身代金(オリンピックの身代金)
  • 6話 すべてがF5になる(すべてがFになる)
  • 7話 黄色いキャラはいかに改装されたか?(黄色い部屋はいかに改装されたか?)
  • 8話 謎解きは それがやっぱりお約束!の前後に(謎解きはディナーのあとで)
  • 9話 カジノ・思いやる(カジノ・ロワイヤル)
  • 10話 きずなプラス1(深夜プラス 1)
  • 11話 愛の器(砂の器)
  • 12話 The detective of the Opera(The Phantom Of The Opera)

12話のThe detective of the Operaの元ネタは結構自信が無い。よくありそうな英単語の羅列だし、それらしい癖が見えなかった。最初はOperaの部分が別の単語かなと思ったが、それらしい物がヒットしなかったので、 detective(探偵)を別の単語と変えたら何か無いかなと探してみた。

これが案外ヒット。名作が引っかかる。
The Phantom Of The Opera(オペラ座の怪人)
これで決まりだと思う。

s_harukaze (2015年3月30日 ) | トラックバック(0)

ライブの感想など(東京編 2本目)

「この先10年これに勝る 酒の肴はない」


ライブが終わった後にそう思いながら会場をあとにした。

そんなこんなで、東京の2本目。セットリストは概ね大阪の二本目と変わらず。
今回のセットリスト的に微妙な曲が外れた分、良かったのかも。

今回は、久しぶりに来るライブ仲間と飲みながらライブを見るスタイルに・・・
飲みながらライブを見れるのもライブハウスならではの楽しみ方だと思う。
いい音楽はいい酒の肴になる。はたして、このライブどうなる事やら。

ライブが始まる前から飲み始めて、いざライブスタート。
1本目を見終えた後に、2本目は期待が持てるかもと思っていたので、 聞きたい部分は酔いつつもガチ見スタイル。

ある意味試金石扱いのとある曲の間奏終わりの歌いだしから大サビを聞きながらいろいろ思う。
「今日はいいライブになりそうだ」そう思いながら1本目のビールを飲み干した。

そうだ。今日は飲もうと振り切れるとそれはそれで楽しいもので、酔いながら踊ってみたり、 じーっとステージを眺めてみたりと、いつもと違う楽しみ方でライブの空間を過ごしてみる。

ライブで年々良くなる246を聞きながら、酒を飲む。
これはたまらん。15年以上も前のDVDを見ながら酒を飲むのとは違うのです。
あの頃のか弱い感じからくる状況の切なさも悪くはないんだけど、 今のへきるの強いボーカルから表現される歌詞のシチュエーションが非常にいい。
「この道」に対しての複雑な思いみたいなものがぐっとくる。

不思議なもので、アーティストそれぞれにライブでこの曲が流れると会場のテンションが上がる伝家の宝刀みたいな曲がある。
まぁだいたいは、最初のブレイク曲だったり大ヒットした曲あたりが、そういう曲になる。
椎名へきるに関しては、不思議なことに最初のスマッシュヒット曲の「目を覚ませ、男なら」でもなく、ライブの定番中の定番の「Gradueter」でもなく「風が吹く丘」がその曲なんだと思う。(異論は認める
イントロが流れるだけで会場の雰囲気がガラッと変わる気がする。
いつもなら、イントロが流れるやいなや、わーと盛り上がるのだが、今回は飲みスタイル。
盛り上がる会場を見ながら飲むっ!

その後、飲んで踊って・・・なので細かい事は割愛

大盛り上がりの会場を眺めたり、ステージの演者を見ながら、ライブって良いものだなぁ~と改めて思ったりもした。
特に今日のライブは、普通に良いライブのようだ。
ステージが会場を引っ張っていく感じであったり、会場と一体となってる感じであったり、 ステージから伝わる熱気と言うかそういうものが、これ良いライブの時のだよなぁ~と眺めてて感じた。

こういうライブを肴に飲む酒は美味いっ!

ライブも終盤に差し掛かり、最新作のアルバムの収録曲「ラッキーラ☆」が、ライブの締めらしく会場が盛り上がっているのを見てて、なんか良いなぁ~と思った。
ライブでの盛り上がれる曲として作られただけあって当たり前なんだけど、それにしてもステージ上の雰囲気が活き活きとしてて見てて気持ちよかったんだ。
まだまだ良くなっていく余地はあると思うので、ライブで歌い続けてほしいなぁ~と思う。

見たい感じのライブを見ながら、飲めてとても良かった。
今回の飲みの言いだしっぺで、ライブで暴れるつもりがなかったライブ仲間が気がつけば上着を脱いで、ライブを楽しんでいたようなので、実のところそれだけでも満足なのです。良かった連れてきて。

まぁ夏も強制参加させるけどねw

s_harukaze (2014年1月30日 ) | トラックバック(0)

ライブの感想など(東京編 1本目)

大阪会場では椅子があったので、今回のツアーはてっきり椅子があるものだと思ったら東京の会場では椅子が無いんでやんの。
おかげで、会場に入った瞬間にめちゃめちゃ焦った。おかげで、当初ある程度合流するつもりでいた知人とは離れ離れに。

大阪を終えての東京ライブ。一日2回公演が自分の肉体的にもどれ程きついのかなんとなくわかっていたので、抑え目に参加する予定(毎度言っている気がする。

良い時と悪い時の差と言うのは、喉の調子とかもあるけども、歌の歌い出しであったり、ブレイク後の第1音への間の感じとかほんの些細な部分の積み重ねの差なんだろうなぁ~と、ライブにそれなりに行って思うようになったのだが・・・
今回のセットリストだと、ライブ出足の良し悪しの差が見えやすい曲は、live to loveなんだと思う。

歴の長い人やあの当時がリアルタイムな人にとっては、いろいろ苦味のある曲だったりするんだけどね、この曲って。
ただ、この曲の間奏終わりからの歌いだしとかその後の大サビへの瞬間の歌い方って、その瞬間の集中力とか気合とかをモロに反映する曲だと思うのですよ。
良い時だと、言葉では説明が難しいけどステージに引き込まれる何かがそこにはあるような感じなんだけどね。 激しい楽曲で、暴れるのもライブの醍醐味なんだけども、そういう部分がへきるのライブの魅力なんだと思う。
その一瞬をめがけて、ステージをじっと見るのもまた楽しい。

1回目の公演のセットリストの前半は、なつかしモード曲がメイン。
振り付けを真似たりタイミングよく飛んだり、ピースサイン出したりと。サイリウムとやらがなくたって楽しいのですよ。

今日のこのライブは相変わらずのスロースターターっぽい感じやグダグダMCは健在だったものの、大阪よりかなんかいい雰囲気を感じた。まぁ数日のインターバルの効果でしょうかね~
良い位置をキープ出来た事もあってか・・・まぁなんていうか・・・セーブが効かなくなって、わーわー暴れさせていただきました。やっぱり、へきるライブはこうでなくちゃね。

何がどうと言う程でもないけど、普通にいい感じのライブだったなぁ~と言うのが、なんとなくの終演後の感想だった気がする。
まぁエンジンが温まってきた事でこれは2本目に期待してもいいかも。

s_harukaze (2014年1月30日 ) | トラックバック(0)

ライブの感想など(大阪編)

忘れないうちに大阪のライブの感想でも。

正直、可でもなく不可でもないというか、まぁ普通のライブだったのかなぁ~という印象。
今回のツアーが大阪初日でもあり、カウントダウンという事でもあり、まぁなんともお祭ムードのふわっとした感じのライブだったと言えば、そうだったのかもしれない。

初日と言う事でもセットリストの目新しさや驚きと言う部分はあったけれども、トータルとしてのブラッシュアップが足りていないかなぁ~という気がする。

MCでのグダグダっぷりと収拾のつかなさというかなんというか・・・
グダグダトークをするにしても、それなりのやり方とオチのつけ方はあったと思うんだけどなぁ~

ライブ演奏楽曲に関しては、相変わらずのスロースターターっぷりを発揮していたものの、広範にかけてそれなりに良いものへとなっていったと思う。
ただし、アンコール1曲目やカウントダウン直後の曲に関しては、なんとも不完全燃焼なものを感じるクオリティーだったな。ちょいっと思っていたよりもテンポは遅く感じるし、ステージ上の一体感にかけるところも・・・

良いライブと比べてほんの少しずつ各要素がぶれていたのかな~と思う。
とはいえ、椎名へきるのライブらしい楽しさみたいなものは充分に感じれるライブだったので、この先の公演に期待が持てるなぁ~と思ったライブだった。

s_harukaze (2014年1月 9日 ) | トラックバック(0)

レイアース上映会 

レイアースの上映会に椎名へきるがゲスト出演するというので、行ってきました。
チケット発売前に情報を手に入れて早々にチケットの申し込みを済ませたので、席はかなりいい感じで、2列目。これは我ながらなかなかグッジョブだと思っていました。そうイベントが始まるまでは・・・
冷静に考えてみれば、今日のメインは上映会。スクリーンに映し出されたレイアースの映像を見るのがメインです。そう、前のほうの席になればなるほどスクリーンを見上げなくてはならないのです。
これは何気にきつい。姿勢を何度も変えながらレイアースを見る羽目に・・・いい席の代償って奴ですな。

<ここからチラ裏>
学生時代、サークルの活動でイベントの製作に触れていたので、イベントの荒さとかが見えたので、ちょっと書きなぐる。
今回のイベントは京都コンピューター学園が京まふの協賛イベントのような形でCLAMPの原画展と上映会を行ったもののようで・・・とどのつまりはイベントのノウハウが無いであろう状態で作られたイベントだったと思われる。
イベントってこんな感じだよねぇ~って感じの軽くなぞる程度のクオリティーで作りの甘さが目立った。

上映会+歌+ゲストによるスペシャルトークという3つのコンテンツをどう組み立てるのかがイベントをする側の重要なテーマ。適当に並べただけでもイベントとしては成立するんだけど、それって残念な出来になるよねと感じさせてくれた。
実際は、TV本編から選ばれた2本分を上映してからの田村直美による歌。そしてゲストトーク。そして再び歌があり、OVAを上映してイベントは終了。これだけを見れば問題ないように見える。
実際イベントを見に行って感じたのは、それだけを組み立てただけじゃ残念なクオリティーになるという事。

イベント開始して暗転。そこから始まるアニメ本編。説明もアナウンスも無し。しかも、本編の頭の再生が少しミスるという事態。まぁ再生のミスは大目に見るとしよう。
アニメ本編2本を何の説明も無しに見させられるというのは、なかなかシンドイ。興味のある無しという事ではなく見る側の心構えが重要って事だと思うんだけどね。1本目が終わって2本目が流れる前に多少のざわつきがあったのは、次の演目がわからない客側の不安の現われだったと思う。
アニメ2本が終わって、何かステージ上でセッティング。これも説明が無いわけで・・・セッティングが終われば、田村直美がふらっと出てきて、変な空気になる。一瞬誰かわからなかったというのもある。
イントロが流れて、あぁなるほどと客席が納得しつつ名曲の生歌。
歌い終わった所で謎の司会者が出てきてトークスタート。トークゲストが登場の流れで、田村さんが一旦はける。何ともいえないグダグダ感が漂う
トークコーナーはトークコーナーで、司会者が話を振るというオーソドックスな展開にしたかったんだと思うのだが、どことなく投げっぱなし感が強く。ゲスト側が気を利かせて、話をまとめたりしてた感が。 質問内容とかは決めていたのだろうけど、そこからどういうトークを引き出して、コーナー全体をどういう流れにしたかったのかという視点が無かったんだろうなぁ~という気がした。またゲスト側にこういう構成でやりますという部分が伝わりきってなかったんだろうなぁ~という部分もちらほら感じ取れた。
ゲストコーナーが終了しての再び歌。BGレベル高すぎてせっかくの歌声が・・・orz
なかなかの残念具合。おまけにOVAの頭で音が出てないというミスも。
いろいろな部分にプロであるゲストに頼っていた部分が見えて、残念で仕方が無かった。

個人的には、最初に司会者が登場して、全体の説明とはいかなくても「では早速アニメ本編から選りすぐった2本をご覧ください」的なアナウンスなりがあったら違っただろうし、セッティング中などに司会者が出て、説明的なコメントでも挟めば印象とかも違っただろうなぁ~と思う。
イベントのノウハウがあるかないかというのは、こういう部分で違いが出てくるんだろうなぁ~と思った。
</ここまでチラ裏>

さて、肝心のお目当てであったへきるさんはというと、アルバムのジャケットを多少意識してなのかいつものストレートヘアではなく毛先にかけて多少のウェーブをかけた感じでした。靴のほうはそれなりの高さのあるヒールだったのですが、それでも他の出演者と比べて一段程度小柄な感じで、ライブでは気付かないけどやっぱり小柄なんだなと改めて思ったりしました。
トークのほうは、司会者・緒方さん・小杉さんとボケ揃いだったので、まぁ相変わらずな部分も健在だったものの、いつもの天然ワールドが炸裂する事も無く意外とまともに見えるというおかしな現象が(笑)
小杉さんのモノマネと生で聞く炎の矢ぁぁぁぁぁぁ~はなかなかのものでした。

レイアースの上映会イベントの後に同じ場所でカードキャプターさくらの上映会イベントが行われた訳ですが・・・
そのイベントの出演者が岩男潤子さんに丹下桜さん、くまいもとこさんとの事
丹下桜さんとくまいもとこさんでYATの1シーンぐらい出来るなぁ~と思ったりしました。

年末にライブがあるかどうかで下手したら今日で今年の見納めになるかどうかって感じだったので、いい席で見られて良かったと思います。

s_harukaze (2013年9月 9日 ) | トラックバック(0)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第20話

キャストMEMO

相場裕樹, 浅沼晋太郎, 日笠陽子, 井口裕香, 池田純矢, 渡辺明乃, 東地宏樹,沢城みゆき,大原さやか,大原さやか, 藤堂真衣、明坂聡美,浅野真澄,
藤原祐規,日高里菜,近藤隆,蓮岳大,東山奈央,伊藤静,中根徹,徳本英一郎,山根久幸,高中宏之,

s_harukaze (2013年8月27日 ) | トラックバック(0)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第19話

キャストMEMO

相場裕樹, 浅沼晋太郎, 日笠陽子, 井口裕香, 池田純矢, 渡辺明乃, 沢城みゆき, 鳥海浩輔, 野島裕史, 大原さやか, 藤堂真衣、浅野真澄,
勝杏里, 藤原祐規, 村瀬歩, 東山奈央,ブリドカットセーラー恵美,志賀麻登佳,伊藤静,ゆかな

s_harukaze (2013年8月27日 ) | トラックバック(0)

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い 第7話

キャストMEMO

橘田いずみ, 中村悠一, 早水リサ,芹亜希子, 菊池幸利,佐藤奏美,斎藤寛仁,黒瀬ゆうこ,池辺百花, 高梨謙吾,森嶋秀太,岩瀬周平, 朝井彩加, 鳥海浩輔

s_harukaze (2013年8月27日 ) | トラックバック(0)
過去ログアーカイブ