ガンダムUC ep5の感想とか

機動戦士ガンダムUCの劇場公開のやつを先日見てきた。
やっぱり、宇宙世紀ものは安心して見れますなぁ~

事前に、まとめサイトなどで試写会の感想とかを軽く目を通していたので大体の見所の雰囲気はつかんだ感じで見た感じ。
成層圏の領域の戦闘の青さは、さすがOVA展開してる作品だなぁ~というクオリティー。
あとは、宇宙世紀ガンダムの様式美ですなぁ~。そうそうこういう展開ねっていう感じ。
こういう展開あったよなぁ~といろんな過去の作品を思い出したり思い出さなかったり。
宇宙世紀の歴史の深さが使える作品の強みですな。

そういう部分で、チラッと登場する過去のキャラクターとか設定も活かしやすいっちゃ活かしやすいんだろうなぁ~と思うわけです。
登場してくるキャラクターもどういう人物かを説明が端折れるのは、強みだよなぁ~と、テンポ良く話が進んでいくなかでふと思ったり。
アニメ的展開とかガンダム的展開とか見てると登場人物がこの先どうなるかという部分で、ふむふむなるほどニヤリとしたりする訳ですが、
この作だと、おっちょっと意外なところに話を落としこんできたなぁ~という印象。

その一方で、過去のキャラクターに当てはめるならこのポジションに該当するだろうなぁ~というキャラは、まぁなんというか予想通りのいい味を出してくれてます。
あぁこれは次回作あたりで、どうそのポジションのポテンシャルを発揮してくれるか楽しみですな。

登場MSの方としては、前作がジオンのMSV系が大行進してくれましたが、今作はジオン方面は落ち着いてる感じです。
ただ、あっなるほどと思わせるMSも出てきてジオン派も安心な感じかと・・・
一方、連邦系だとあぁそのMSがあったのかと前作のバイアラン並みの驚きがありました。

話の大筋としては、グリプス戦役や第一次・二次のネオジオン紛争をおさらいしておけば、かなり楽しめる感じでしたね~。
それにしても、登場人物にミネバ様という絶対軸があるのは作品として強みだな~。
凛とした姫様というのは良いものですなぁ~。

まとめサイトとかでED曲がえらく持ち上げられてる印象があったけど・・・そんなにおおすごいという演出も無く、あぁなるほど確かに良い曲かもしれないって感じだったのが、なんと残念ポイントだったかな~

| トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hekiru.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3995