2013年9月アーカイブ

レイアース上映会 

レイアースの上映会に椎名へきるがゲスト出演するというので、行ってきました。
チケット発売前に情報を手に入れて早々にチケットの申し込みを済ませたので、席はかなりいい感じで、2列目。これは我ながらなかなかグッジョブだと思っていました。そうイベントが始まるまでは・・・
冷静に考えてみれば、今日のメインは上映会。スクリーンに映し出されたレイアースの映像を見るのがメインです。そう、前のほうの席になればなるほどスクリーンを見上げなくてはならないのです。
これは何気にきつい。姿勢を何度も変えながらレイアースを見る羽目に・・・いい席の代償って奴ですな。

<ここからチラ裏>
学生時代、サークルの活動でイベントの製作に触れていたので、イベントの荒さとかが見えたので、ちょっと書きなぐる。
今回のイベントは京都コンピューター学園が京まふの協賛イベントのような形でCLAMPの原画展と上映会を行ったもののようで・・・とどのつまりはイベントのノウハウが無いであろう状態で作られたイベントだったと思われる。
イベントってこんな感じだよねぇ~って感じの軽くなぞる程度のクオリティーで作りの甘さが目立った。

上映会+歌+ゲストによるスペシャルトークという3つのコンテンツをどう組み立てるのかがイベントをする側の重要なテーマ。適当に並べただけでもイベントとしては成立するんだけど、それって残念な出来になるよねと感じさせてくれた。
実際は、TV本編から選ばれた2本分を上映してからの田村直美による歌。そしてゲストトーク。そして再び歌があり、OVAを上映してイベントは終了。これだけを見れば問題ないように見える。
実際イベントを見に行って感じたのは、それだけを組み立てただけじゃ残念なクオリティーになるという事。

イベント開始して暗転。そこから始まるアニメ本編。説明もアナウンスも無し。しかも、本編の頭の再生が少しミスるという事態。まぁ再生のミスは大目に見るとしよう。
アニメ本編2本を何の説明も無しに見させられるというのは、なかなかシンドイ。興味のある無しという事ではなく見る側の心構えが重要って事だと思うんだけどね。1本目が終わって2本目が流れる前に多少のざわつきがあったのは、次の演目がわからない客側の不安の現われだったと思う。
アニメ2本が終わって、何かステージ上でセッティング。これも説明が無いわけで・・・セッティングが終われば、田村直美がふらっと出てきて、変な空気になる。一瞬誰かわからなかったというのもある。
イントロが流れて、あぁなるほどと客席が納得しつつ名曲の生歌。
歌い終わった所で謎の司会者が出てきてトークスタート。トークゲストが登場の流れで、田村さんが一旦はける。何ともいえないグダグダ感が漂う
トークコーナーはトークコーナーで、司会者が話を振るというオーソドックスな展開にしたかったんだと思うのだが、どことなく投げっぱなし感が強く。ゲスト側が気を利かせて、話をまとめたりしてた感が。 質問内容とかは決めていたのだろうけど、そこからどういうトークを引き出して、コーナー全体をどういう流れにしたかったのかという視点が無かったんだろうなぁ~という気がした。またゲスト側にこういう構成でやりますという部分が伝わりきってなかったんだろうなぁ~という部分もちらほら感じ取れた。
ゲストコーナーが終了しての再び歌。BGレベル高すぎてせっかくの歌声が・・・orz
なかなかの残念具合。おまけにOVAの頭で音が出てないというミスも。
いろいろな部分にプロであるゲストに頼っていた部分が見えて、残念で仕方が無かった。

個人的には、最初に司会者が登場して、全体の説明とはいかなくても「では早速アニメ本編から選りすぐった2本をご覧ください」的なアナウンスなりがあったら違っただろうし、セッティング中などに司会者が出て、説明的なコメントでも挟めば印象とかも違っただろうなぁ~と思う。
イベントのノウハウがあるかないかというのは、こういう部分で違いが出てくるんだろうなぁ~と思った。
</ここまでチラ裏>

さて、肝心のお目当てであったへきるさんはというと、アルバムのジャケットを多少意識してなのかいつものストレートヘアではなく毛先にかけて多少のウェーブをかけた感じでした。靴のほうはそれなりの高さのあるヒールだったのですが、それでも他の出演者と比べて一段程度小柄な感じで、ライブでは気付かないけどやっぱり小柄なんだなと改めて思ったりしました。
トークのほうは、司会者・緒方さん・小杉さんとボケ揃いだったので、まぁ相変わらずな部分も健在だったものの、いつもの天然ワールドが炸裂する事も無く意外とまともに見えるというおかしな現象が(笑)
小杉さんのモノマネと生で聞く炎の矢ぁぁぁぁぁぁ~はなかなかのものでした。

レイアースの上映会イベントの後に同じ場所でカードキャプターさくらの上映会イベントが行われた訳ですが・・・
そのイベントの出演者が岩男潤子さんに丹下桜さん、くまいもとこさんとの事
丹下桜さんとくまいもとこさんでYATの1シーンぐらい出来るなぁ~と思ったりしました。

年末にライブがあるかどうかで下手したら今日で今年の見納めになるかどうかって感じだったので、いい席で見られて良かったと思います。

s_harukaze (2013年9月 9日 ) | トラックバック(0)
« 2013年8月 | メインページ | アーカイブ | 2014年1月 »