ライブの感想など(東京編 2本目)

「この先10年これに勝る 酒の肴はない」


ライブが終わった後にそう思いながら会場をあとにした。

そんなこんなで、東京の2本目。セットリストは概ね大阪の二本目と変わらず。
今回のセットリスト的に微妙な曲が外れた分、良かったのかも。

今回は、久しぶりに来るライブ仲間と飲みながらライブを見るスタイルに・・・
飲みながらライブを見れるのもライブハウスならではの楽しみ方だと思う。
いい音楽はいい酒の肴になる。はたして、このライブどうなる事やら。

ライブが始まる前から飲み始めて、いざライブスタート。
1本目を見終えた後に、2本目は期待が持てるかもと思っていたので、 聞きたい部分は酔いつつもガチ見スタイル。

ある意味試金石扱いのとある曲の間奏終わりの歌いだしから大サビを聞きながらいろいろ思う。
「今日はいいライブになりそうだ」そう思いながら1本目のビールを飲み干した。

そうだ。今日は飲もうと振り切れるとそれはそれで楽しいもので、酔いながら踊ってみたり、 じーっとステージを眺めてみたりと、いつもと違う楽しみ方でライブの空間を過ごしてみる。

ライブで年々良くなる246を聞きながら、酒を飲む。
これはたまらん。15年以上も前のDVDを見ながら酒を飲むのとは違うのです。
あの頃のか弱い感じからくる状況の切なさも悪くはないんだけど、 今のへきるの強いボーカルから表現される歌詞のシチュエーションが非常にいい。
「この道」に対しての複雑な思いみたいなものがぐっとくる。

不思議なもので、アーティストそれぞれにライブでこの曲が流れると会場のテンションが上がる伝家の宝刀みたいな曲がある。
まぁだいたいは、最初のブレイク曲だったり大ヒットした曲あたりが、そういう曲になる。
椎名へきるに関しては、不思議なことに最初のスマッシュヒット曲の「目を覚ませ、男なら」でもなく、ライブの定番中の定番の「Gradueter」でもなく「風が吹く丘」がその曲なんだと思う。(異論は認める
イントロが流れるだけで会場の雰囲気がガラッと変わる気がする。
いつもなら、イントロが流れるやいなや、わーと盛り上がるのだが、今回は飲みスタイル。
盛り上がる会場を見ながら飲むっ!

その後、飲んで踊って・・・なので細かい事は割愛

大盛り上がりの会場を眺めたり、ステージの演者を見ながら、ライブって良いものだなぁ~と改めて思ったりもした。
特に今日のライブは、普通に良いライブのようだ。
ステージが会場を引っ張っていく感じであったり、会場と一体となってる感じであったり、 ステージから伝わる熱気と言うかそういうものが、これ良いライブの時のだよなぁ~と眺めてて感じた。

こういうライブを肴に飲む酒は美味いっ!

ライブも終盤に差し掛かり、最新作のアルバムの収録曲「ラッキーラ☆」が、ライブの締めらしく会場が盛り上がっているのを見てて、なんか良いなぁ~と思った。
ライブでの盛り上がれる曲として作られただけあって当たり前なんだけど、それにしてもステージ上の雰囲気が活き活きとしてて見てて気持ちよかったんだ。
まだまだ良くなっていく余地はあると思うので、ライブで歌い続けてほしいなぁ~と思う。

見たい感じのライブを見ながら、飲めてとても良かった。
今回の飲みの言いだしっぺで、ライブで暴れるつもりがなかったライブ仲間が気がつけば上着を脱いで、ライブを楽しんでいたようなので、実のところそれだけでも満足なのです。良かった連れてきて。

まぁ夏も強制参加させるけどねw

| トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hekiru.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/5523