へきるの最近のブログ記事

今日気づいたこと

ミュージカルの出演の情報を調べてて気づいた。ミュージカルの会場の「AiiA 2.5 Theater Tokyo」の場所ってSHIBUYA-AXと同じだわ。

s_harukaze (2017年5月26日 ) | トラックバック(0)

400回ライブに向けて・・・

明日のライブで400回。記念ライブという事でそれなりに演出とか凝ってくるのかなぁ~と思うものの、MCとか寸劇とかどうしてくるんだろうなぁ~とそっちのほうが気になる前日です。
んで、ざっくりと351回からのライブ一覧を・・・これで、あってるよな(汗

何か計算が合わないので仮修正

  1. 2012年8月26日(日) 東京 Zepp Tokyo
  2. 2012年9月07日(金) 仙台 RENSA
  3. 2012年9月09日(日) 札幌 ペニーレーン24
  4. 2012年9月16日(日) 新潟 LOTS
  5. 2012年9月22日(土) 広島 CLUB QUATTRO
  6. 2012年9月23日(日) 福岡 イムズホール
  7. 2013年8月3日(土)東京 新宿 BLAZE
  8. 2013年8月10日(土)大阪 umeda AKASO
  9. 2013年8月11日(日)愛知 名古屋ボトムライン
  10. 2013年12月31日(昼) 大阪 umeda AKASO
  11. 2013年12月31日(夜) 大阪 umeda AKASO
  12. 2014年 1月 4日(昼) 東京 Shibuya O-EAST
  13. 2014年 1月 4日(夜) 東京 Shibuya O-EAST
  14. 2014年 1月 5日(昼) 愛知 名古屋 ELL
  15. 2014年 1月 5日(夜) 愛知 名古屋 ELL
  16. 2014年12月29日(月) 大阪 なんばHatch
  17. 2014年12月30日(火) 東京 東京国際フォーラム ホールC
  18. 2015年8月1日(土) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  19. 2015年8月1日(土) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  20. 2015年9月5日(土) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  21. 2015年9月5日(土) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  22. 2015年10月4日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  23. 2015年10月4日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  24. 2015年11月1日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  25. 2015年11月1日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  26. 2015年12月6日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  27. 2015年12月6日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  28. 2015年12月31日(木) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  29. 2015年12月31日(木) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  30. 2016年3月12日(土) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  31. 2016年3月12日(土) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  32. 2016年4月17日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  33. 2016年4月17日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  34. 2016年5月1日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  35. 2016年5月1日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  36. 2016年5月21日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて(みたいラジオミニライブ)
  37. 2016年5月21日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて(みたいラジオミニライブ)
  38. 2016年6月12日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  39. 2016年6月12日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  40. 2016年7月2日(土) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  41. 2016年7月2日(土) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  42. 2016年8月6日(土) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  43. 2016年8月6日(土) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  44. 2016年9月22日(木・祝) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  45. 2016年9月22日(木・祝) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  46. 2015年11月20日(日) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  47. 2015年11月20日(日) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
  48. 2016年12月31日(土) (昼)東京 晴れたら空に豆まいて
  49. 2016年12月31日(土) (夜)東京 晴れたら空に豆まいて
s_harukaze (2017年1月14日 ) | トラックバック(0)

カウントダウンライブと400回と・・・

カウントダウンライブが無事終了して、忘れないうちに感想やまとめなどをざっくりと箇条書き・・・
ちゃんと何かを残しておかないと忘れちゃうからなぁ~


・昨年と違いお座敷席が開放されていたので、非常に見晴らしがいいスポットが登場
・ただし、飛べないので欲求不満になる可能性がががが・・・
・バンドスタイルのライブの安定感とか安心感と言うかこれだよねって感じ
・色褪せない瞬間であったり大切なページがちゃんと大切にライブで歌い続けてこれた曲になったなぁ~としみじみ感じた
・届けたい想いは、今回はまたちょっとだけ歌い方の雰囲気が変ってた。
・5月のみたいラジオのイベントの時も良かったんだけどもそれとも違う良さがあった。今年は当たり年だねw
・ってなるとね音の響きのいい会場でフルバンドスタイルで聴いてみたい欲求が・・・
・エバラス⇒赤い華の繋ぎは鉄板構成だし、止めのSNOW fallですごくいいブロックだった。ギターの良さで痺れるわ~
・マンスリーアコースティックライブで、より変態よりになっていった3人に驚くKENちゃん。2本のライブで追いつけたのかなぁ~w
・バンドスタイルのライブでの良さを感じる後半
・2本目のカウントダウンライブではセットリストの構成が一部変更
・他に色々選択肢があるなかで2016年の最後の曲をPROUD OF YOUにするセンスがすごいなぁ~と感動した。
・自分の聴きたかった曲が聴けたり、今まで聞いてきた曲でも新たな発見があったりといろいろあった2016年を締めくくるに相応しい曲だったな。
・2本目は会場の後ろの方で音環境はそんなに宜しくなかったんだけども、WONDER☆RIDERのケン坊のキーボードの音の通りが良くて、なんか凄く良かった。
・アコーステックで表現の可能性を求めていくステージも良いし、ステージ狭しと動く椎名へきるも良いなぁ~と思う年末年始でした。
・2017年はどんなものが見れるのだろうなぁ~


400回ライブに関しては、新春のラジオの方でヒントが出てました。
・1st2ndアルバムの曲しかやりません
・アコーステックライブはアコースティックライブだそうです
・楽曲の順番にご注目ください
・復刻デザインのグッズもあるかもしれない

どのようなライブなるか楽しみですね。

s_harukaze (2017年1月 4日 ) | トラックバック(0)

そうきたかぁ~。

いつぞやのマンスリーアコースティックライブで、「年内にCDを出します。」というような事をプロデューサーの大楽さんが言っていた。 ただ、キッチリとした言い方ではなく何か濁した感じで発言したので、なんだろうなぁ~と 思っていたら、この様な形でCDが出るわけだったんだなぁ~。

「keeno song collection-feat. Female singer-」のボーカルの一人としてアルバム参加だそうで。ありがたいことにフルサイズの視聴音源がYOU TUBEに公式アップロードされてるし。

視聴音源を聞いた感じだと曲調とへきるのボーカルの相性が良い気がするのでこのアルバムは期待していいと思うんだ。クリスマス時期が楽しみだなぁ~。

s_harukaze (2016年10月22日 ) | トラックバック(0)

ライブの感想など(東京編 2本目)

「この先10年これに勝る 酒の肴はない」


ライブが終わった後にそう思いながら会場をあとにした。

そんなこんなで、東京の2本目。セットリストは概ね大阪の二本目と変わらず。
今回のセットリスト的に微妙な曲が外れた分、良かったのかも。

今回は、久しぶりに来るライブ仲間と飲みながらライブを見るスタイルに・・・
飲みながらライブを見れるのもライブハウスならではの楽しみ方だと思う。
いい音楽はいい酒の肴になる。はたして、このライブどうなる事やら。

ライブが始まる前から飲み始めて、いざライブスタート。
1本目を見終えた後に、2本目は期待が持てるかもと思っていたので、 聞きたい部分は酔いつつもガチ見スタイル。

ある意味試金石扱いのとある曲の間奏終わりの歌いだしから大サビを聞きながらいろいろ思う。
「今日はいいライブになりそうだ」そう思いながら1本目のビールを飲み干した。

そうだ。今日は飲もうと振り切れるとそれはそれで楽しいもので、酔いながら踊ってみたり、 じーっとステージを眺めてみたりと、いつもと違う楽しみ方でライブの空間を過ごしてみる。

ライブで年々良くなる246を聞きながら、酒を飲む。
これはたまらん。15年以上も前のDVDを見ながら酒を飲むのとは違うのです。
あの頃のか弱い感じからくる状況の切なさも悪くはないんだけど、 今のへきるの強いボーカルから表現される歌詞のシチュエーションが非常にいい。
「この道」に対しての複雑な思いみたいなものがぐっとくる。

不思議なもので、アーティストそれぞれにライブでこの曲が流れると会場のテンションが上がる伝家の宝刀みたいな曲がある。
まぁだいたいは、最初のブレイク曲だったり大ヒットした曲あたりが、そういう曲になる。
椎名へきるに関しては、不思議なことに最初のスマッシュヒット曲の「目を覚ませ、男なら」でもなく、ライブの定番中の定番の「Gradueter」でもなく「風が吹く丘」がその曲なんだと思う。(異論は認める
イントロが流れるだけで会場の雰囲気がガラッと変わる気がする。
いつもなら、イントロが流れるやいなや、わーと盛り上がるのだが、今回は飲みスタイル。
盛り上がる会場を見ながら飲むっ!

その後、飲んで踊って・・・なので細かい事は割愛

大盛り上がりの会場を眺めたり、ステージの演者を見ながら、ライブって良いものだなぁ~と改めて思ったりもした。
特に今日のライブは、普通に良いライブのようだ。
ステージが会場を引っ張っていく感じであったり、会場と一体となってる感じであったり、 ステージから伝わる熱気と言うかそういうものが、これ良いライブの時のだよなぁ~と眺めてて感じた。

こういうライブを肴に飲む酒は美味いっ!

ライブも終盤に差し掛かり、最新作のアルバムの収録曲「ラッキーラ☆」が、ライブの締めらしく会場が盛り上がっているのを見てて、なんか良いなぁ~と思った。
ライブでの盛り上がれる曲として作られただけあって当たり前なんだけど、それにしてもステージ上の雰囲気が活き活きとしてて見てて気持ちよかったんだ。
まだまだ良くなっていく余地はあると思うので、ライブで歌い続けてほしいなぁ~と思う。

見たい感じのライブを見ながら、飲めてとても良かった。
今回の飲みの言いだしっぺで、ライブで暴れるつもりがなかったライブ仲間が気がつけば上着を脱いで、ライブを楽しんでいたようなので、実のところそれだけでも満足なのです。良かった連れてきて。

まぁ夏も強制参加させるけどねw

s_harukaze (2014年1月30日 ) | トラックバック(0)

ライブの感想など(東京編 1本目)

大阪会場では椅子があったので、今回のツアーはてっきり椅子があるものだと思ったら東京の会場では椅子が無いんでやんの。
おかげで、会場に入った瞬間にめちゃめちゃ焦った。おかげで、当初ある程度合流するつもりでいた知人とは離れ離れに。

大阪を終えての東京ライブ。一日2回公演が自分の肉体的にもどれ程きついのかなんとなくわかっていたので、抑え目に参加する予定(毎度言っている気がする。

良い時と悪い時の差と言うのは、喉の調子とかもあるけども、歌の歌い出しであったり、ブレイク後の第1音への間の感じとかほんの些細な部分の積み重ねの差なんだろうなぁ~と、ライブにそれなりに行って思うようになったのだが・・・
今回のセットリストだと、ライブ出足の良し悪しの差が見えやすい曲は、live to loveなんだと思う。

歴の長い人やあの当時がリアルタイムな人にとっては、いろいろ苦味のある曲だったりするんだけどね、この曲って。
ただ、この曲の間奏終わりからの歌いだしとかその後の大サビへの瞬間の歌い方って、その瞬間の集中力とか気合とかをモロに反映する曲だと思うのですよ。
良い時だと、言葉では説明が難しいけどステージに引き込まれる何かがそこにはあるような感じなんだけどね。 激しい楽曲で、暴れるのもライブの醍醐味なんだけども、そういう部分がへきるのライブの魅力なんだと思う。
その一瞬をめがけて、ステージをじっと見るのもまた楽しい。

1回目の公演のセットリストの前半は、なつかしモード曲がメイン。
振り付けを真似たりタイミングよく飛んだり、ピースサイン出したりと。サイリウムとやらがなくたって楽しいのですよ。

今日のこのライブは相変わらずのスロースターターっぽい感じやグダグダMCは健在だったものの、大阪よりかなんかいい雰囲気を感じた。まぁ数日のインターバルの効果でしょうかね~
良い位置をキープ出来た事もあってか・・・まぁなんていうか・・・セーブが効かなくなって、わーわー暴れさせていただきました。やっぱり、へきるライブはこうでなくちゃね。

何がどうと言う程でもないけど、普通にいい感じのライブだったなぁ~と言うのが、なんとなくの終演後の感想だった気がする。
まぁエンジンが温まってきた事でこれは2本目に期待してもいいかも。

s_harukaze (2014年1月30日 ) | トラックバック(0)

ライブの感想など(大阪編)

忘れないうちに大阪のライブの感想でも。

正直、可でもなく不可でもないというか、まぁ普通のライブだったのかなぁ~という印象。
今回のツアーが大阪初日でもあり、カウントダウンという事でもあり、まぁなんともお祭ムードのふわっとした感じのライブだったと言えば、そうだったのかもしれない。

初日と言う事でもセットリストの目新しさや驚きと言う部分はあったけれども、トータルとしてのブラッシュアップが足りていないかなぁ~という気がする。

MCでのグダグダっぷりと収拾のつかなさというかなんというか・・・
グダグダトークをするにしても、それなりのやり方とオチのつけ方はあったと思うんだけどなぁ~

ライブ演奏楽曲に関しては、相変わらずのスロースターターっぷりを発揮していたものの、広範にかけてそれなりに良いものへとなっていったと思う。
ただし、アンコール1曲目やカウントダウン直後の曲に関しては、なんとも不完全燃焼なものを感じるクオリティーだったな。ちょいっと思っていたよりもテンポは遅く感じるし、ステージ上の一体感にかけるところも・・・

良いライブと比べてほんの少しずつ各要素がぶれていたのかな~と思う。
とはいえ、椎名へきるのライブらしい楽しさみたいなものは充分に感じれるライブだったので、この先の公演に期待が持てるなぁ~と思ったライブだった。

s_harukaze (2014年1月 9日 ) | トラックバック(0)

レイアース上映会 

レイアースの上映会に椎名へきるがゲスト出演するというので、行ってきました。
チケット発売前に情報を手に入れて早々にチケットの申し込みを済ませたので、席はかなりいい感じで、2列目。これは我ながらなかなかグッジョブだと思っていました。そうイベントが始まるまでは・・・
冷静に考えてみれば、今日のメインは上映会。スクリーンに映し出されたレイアースの映像を見るのがメインです。そう、前のほうの席になればなるほどスクリーンを見上げなくてはならないのです。
これは何気にきつい。姿勢を何度も変えながらレイアースを見る羽目に・・・いい席の代償って奴ですな。

<ここからチラ裏>
学生時代、サークルの活動でイベントの製作に触れていたので、イベントの荒さとかが見えたので、ちょっと書きなぐる。
今回のイベントは京都コンピューター学園が京まふの協賛イベントのような形でCLAMPの原画展と上映会を行ったもののようで・・・とどのつまりはイベントのノウハウが無いであろう状態で作られたイベントだったと思われる。
イベントってこんな感じだよねぇ~って感じの軽くなぞる程度のクオリティーで作りの甘さが目立った。

上映会+歌+ゲストによるスペシャルトークという3つのコンテンツをどう組み立てるのかがイベントをする側の重要なテーマ。適当に並べただけでもイベントとしては成立するんだけど、それって残念な出来になるよねと感じさせてくれた。
実際は、TV本編から選ばれた2本分を上映してからの田村直美による歌。そしてゲストトーク。そして再び歌があり、OVAを上映してイベントは終了。これだけを見れば問題ないように見える。
実際イベントを見に行って感じたのは、それだけを組み立てただけじゃ残念なクオリティーになるという事。

イベント開始して暗転。そこから始まるアニメ本編。説明もアナウンスも無し。しかも、本編の頭の再生が少しミスるという事態。まぁ再生のミスは大目に見るとしよう。
アニメ本編2本を何の説明も無しに見させられるというのは、なかなかシンドイ。興味のある無しという事ではなく見る側の心構えが重要って事だと思うんだけどね。1本目が終わって2本目が流れる前に多少のざわつきがあったのは、次の演目がわからない客側の不安の現われだったと思う。
アニメ2本が終わって、何かステージ上でセッティング。これも説明が無いわけで・・・セッティングが終われば、田村直美がふらっと出てきて、変な空気になる。一瞬誰かわからなかったというのもある。
イントロが流れて、あぁなるほどと客席が納得しつつ名曲の生歌。
歌い終わった所で謎の司会者が出てきてトークスタート。トークゲストが登場の流れで、田村さんが一旦はける。何ともいえないグダグダ感が漂う
トークコーナーはトークコーナーで、司会者が話を振るというオーソドックスな展開にしたかったんだと思うのだが、どことなく投げっぱなし感が強く。ゲスト側が気を利かせて、話をまとめたりしてた感が。 質問内容とかは決めていたのだろうけど、そこからどういうトークを引き出して、コーナー全体をどういう流れにしたかったのかという視点が無かったんだろうなぁ~という気がした。またゲスト側にこういう構成でやりますという部分が伝わりきってなかったんだろうなぁ~という部分もちらほら感じ取れた。
ゲストコーナーが終了しての再び歌。BGレベル高すぎてせっかくの歌声が・・・orz
なかなかの残念具合。おまけにOVAの頭で音が出てないというミスも。
いろいろな部分にプロであるゲストに頼っていた部分が見えて、残念で仕方が無かった。

個人的には、最初に司会者が登場して、全体の説明とはいかなくても「では早速アニメ本編から選りすぐった2本をご覧ください」的なアナウンスなりがあったら違っただろうし、セッティング中などに司会者が出て、説明的なコメントでも挟めば印象とかも違っただろうなぁ~と思う。
イベントのノウハウがあるかないかというのは、こういう部分で違いが出てくるんだろうなぁ~と思った。
</ここまでチラ裏>

さて、肝心のお目当てであったへきるさんはというと、アルバムのジャケットを多少意識してなのかいつものストレートヘアではなく毛先にかけて多少のウェーブをかけた感じでした。靴のほうはそれなりの高さのあるヒールだったのですが、それでも他の出演者と比べて一段程度小柄な感じで、ライブでは気付かないけどやっぱり小柄なんだなと改めて思ったりしました。
トークのほうは、司会者・緒方さん・小杉さんとボケ揃いだったので、まぁ相変わらずな部分も健在だったものの、いつもの天然ワールドが炸裂する事も無く意外とまともに見えるというおかしな現象が(笑)
小杉さんのモノマネと生で聞く炎の矢ぁぁぁぁぁぁ~はなかなかのものでした。

レイアースの上映会イベントの後に同じ場所でカードキャプターさくらの上映会イベントが行われた訳ですが・・・
そのイベントの出演者が岩男潤子さんに丹下桜さん、くまいもとこさんとの事
丹下桜さんとくまいもとこさんでYATの1シーンぐらい出来るなぁ~と思ったりしました。

年末にライブがあるかどうかで下手したら今日で今年の見納めになるかどうかって感じだったので、いい席で見られて良かったと思います。

s_harukaze (2013年9月 9日 ) | トラックバック(0)

ふなつ先生のつぶやきのまとめ

6月16日放送のみたいラジオにゲスト出演したふなつ先生の関連ツイートをまとめてみた。

s_harukaze (2012年6月19日 ) | トラックバック(0)

へきるレコーディング中らしい。

公式サイトのブログが更新されたようだ。
なんでも現在レコーディング中だそうで、、、今から新曲が出来上がっていくのかぁ~と思うとなんとも楽しみな話なんだが、昔に比べるとCD製作のスケジュールがのんびりしてるなぁ~という印象を持つ。
まぁ今から売り出していこうという時期と、落ち着いて音楽活動を進めていく時期では、そこあたりも変わってくるんだろうなぁ~

まぁともあれ新曲とそのカップリングが良い曲だったらな~と思う。

これがみなさんの元にCDとして届くのも楽しみですが、更にライブで成長してゆくのも今から楽しみです!
【レコーディング中です♪】

とどのつまりは、ライブでどうなっていくかって事だよねぇ~。
へきる本人も我々もそこあたりは、理解してるんだろうなぁ~(笑)
まぁ大人しく待ちましょう。暴れるのライブになってから♪

s_harukaze (2012年6月13日 ) | トラックバック(0)

へきるのニューシングルに関してのあれやこれや

今度発売される椎名へきるのシングルには、カップリングとして既存曲のセルフカバーが2曲付いて来るそうだ。

"椎名へきる"ツアー前に放つニューシングル!
声優、またアーティストとして確固たる地位を築いている"椎名へきる"。
昨年末のカウントダウンライブから始まった、過去のヒット曲で構成されたツアー
「HEKIRU SHIINA BEST LIVE from 1994 to 2000」が好評を博し、同コンセプトでの2012年夏のツアーが決定!そこに先駆け本人がセレクトした既存楽曲のセルフカバーを2曲収録。
表題曲にはツアーコンセプトにも則ったライブ向けのアッパーチューンを収録。
待望のツアーに花を咲かせます。

ニューシングル|HMV ONLINE

今まで、セルフカバーなどは無かっただけに非常に珍しい事だなぁ~と思う。
このタイミングでセルフカバー曲をシングルにつけてくる事ってどういう意図があるのかな~と妄想を働かせてみます。

既存曲のセルフカバーをどう考えるかですが、普通に考えるとSONY時代の楽曲をカバーしなおす線が濃厚だろうなと思います。さすがに、今のLantis曲だと、時期が早すぎると思いますね。
では、カバーをしなおす意図・メリットについて・・・
まずシングルとしては前回と今回のライブツアーのコンセプトで久しぶりに椎名へきるに興味を持ったりした層をターゲット設定した売り方というのが、主な狙いと考えれると思います。
またライブのコンセプトからしても、新曲を出したとしてもライブで歌える曲はアンコールパートで数曲(1曲2曲程度)ねじ込むのが限度でしょう。セルフカバーならば、本編でも歌う事が可能です。
過去曲メインのライブだとLantisでのCDに関しては売り上げには貢献しませんが、セルフカバーでライブ中に演奏することとなるとそれはそれで売り上げに貢献されるでしょう。

セルフカバーを出すということにはもう一つのメリットがあるんじゃないかなと思います。
セルフカバーとはいえその曲は立派にLantisから発売された音源となります。これは重要な価値があるはずです。
というのも、ライブアレンジがセルフカバーのヴァージョンである限り、その曲はLantisの楽曲扱いになります。
つまり、ライブビデオに収録が可能なのですよ。

今後、ライブビデオが出ることを前提として考えてみると、
今度のセルフカバー曲はLantisから出るライブビデオでもちゃんとして映像として残したい曲であったり、
この先Lantisメインのライブのセットリストになっても歌い続けたい楽曲なんじゃないのかなぁ~と思います。

個人的には、風が吹く丘とGraduaterあたりなんじゃないかなぁ~と思います。
あと、次のアルバムが発売されるまでのシングルにはもれなくセルフカバーが付いてくるんじゃないかな~
次のアルバムを引っさげてのツアーはライブビデオ収録と・・・夢や期待を膨らませておきます。

s_harukaze (2012年6月 1日 ) | トラックバック(0)

ゴールデン☆ベスト について思うこと。

以前所属していたSONYからアニメやゲームのサントラ収録のへきる音源を集めたアルバムが出るそうだ。しかしなぜか、オールドアレンジのグラディエーターは収録されていないという微妙な感じ。
トラックとして独立した音源を寄せ集めてきてアルバムにします、ハイ出来上がりな末期商法の一つなんだろうなぁ~と思うとなおさら微妙な気持ちになる。

ちなみに、オールドアレンジのグラディエーターは、音源としてこの世に存在はしているはずだ。記憶が確かならラジオで数度流されたことがある。当時の担当の人とか居なくなったりで、所在とかがわからないだけなんだろうなぁ~。
せっかくなんだから収録して欲しかったところではある。

さて、データをサイトに反映させようと作業をしていたら、品版がどうにも見慣れない。あぁ時代は変わってしまったんだなぁ~と変に納得してしまった。

s_harukaze (2011年2月 3日 ) | トラックバック(0)

ダンガンロンパのラジオの件

21日から配信開始された「ダンガンラジオ」を聞いてみた。
番組パーソナリティーの緒方さんの番組スタイルが、なんだかんだで90年代に銀河にほえろを聞いていた頃と変わりなかったので、変な安心感を覚えつつゲストの登場待ち。
そしてゲストコーナー。炎の矢ぁぁぁぁぁって言っていた頃に共演してたんだよねぇ~とか思いつつ、時間がたつのが早いことを実感してみたりする。
90年代の話に花が咲いたりで、大体リアル世代として楽しく聞きつつ、椎名へきる自身が今の状況・環境に関して、こういう風に捕らえているんだという話が聞けたのは予想外だったな。
なるほどねぇ~と思いつつ、機械音痴のへきるがwwって思ってしまった。

s_harukaze (2011年1月22日 ) | トラックバック(0)

久々の更新になっちゃってるなぁ~

中の人は大ファン

椎名へきるが東方作品に参加!!って思ったら東方2次作品なのね。 とか思いつつも、人気ジャンルの中の一つの作品の中に出演するって言うのは、大変いいことだと思うわけです。
それにしても、どうしてへきるがキャスティングされたんだろうと思ったら、どうやら中の人が大ファンだったようで、納得というかなんと言うか。

今じゃ信じられない人も多いかもしれないが、90年代のへきるはちょっとした声優会のカリスマだったとかなんとかで、ゲストに出るだけで聴取率が1%かわるとか言われたとか言われてないとか。真実のほどはよく知らない。
当時ネット環境がなかったのでそこあたりの話がどこまでホントでどこまでが作り出された話なのかはわからないが、まぁそれなり人気があったのは事実。
で。当時へきるにはまった人がそれなりに各分野で活躍しだしたりのが最近の状況なんだろうなぁ~と思う、ラジオでの現在の相方は元ファンだったりするわけですし。 各ジャンルでがんばって、何かの縁で椎名へきるを起用っていう流れって、当の本人にしてもいいことだと思うし、現存しているファンにとっても、いい事なのでこれを機に触発されてて、謎の起用とかされて欲しいなぁ~とか思ったりした。

リンク:紅魔城伝説Ⅱキャストについてと冬コミ当選のお知らせ

平城遷都1300年祭

先週、雨の中行ってきたので軽く思ったことなどを、、、

入場者数が主催者の予想を100万人も上回る350万人を越えたとかいい事なんだと思う、奈良のマスコットキャラクターとして、せんと君が案外定着したとか、まぁ良い部分もあったりで、まぁ良かったなぁ~とは思うのです。

ただ、復元された大極殿を見てちょっとがっかりしたのです。まぁ建物の概観自体はいいですし、建物から見る景色も格別のものがあります。なるほど、昔の人は、、、っていう想像もできてよかったです。
でも、一点だけ気に食わない部分があったのです。建物の柱にヒビが入っていたのですよ。見る柱、見る柱ほとんどに。まぁ自然のことだから仕方ないのかもしれないけど、せっかく作った建物なんだからそこあたりは良い素材を使ってもう少しがんばって欲しかったというのが、正直思ったこと。こんなんで後100年とか持つのか心配だったりした。

たま~に、近くを車で通ったりしてた、平城京跡地だったが、歩いてみるとその大きさは、さすがの広さで、都があったんだなぁ~という事とこういう広さのスペースが開発されずに残って居ることに少し感動した。あと、やっぱり食べ物高いw

ツイッターでもなく、ブログでもなくホームページ

そんな時代がありました。大体2000年前後で爆発的に増えて、その後、徐々にブログ⇒mixi等のSNS⇒ツイッターって流れなのかなぁ~と思ったりします。
そんなこんなで、昔はホームページビルダーで作ったりとかタグの直打ちで作ったサイトなんかが主流でした。そんなホームページのお約束みたいな話。
そういや、一時期メインのレンタルサーバーをライコス⇒統合でinfoseekってこともあったなぁ~。広告表示がうっとおしくなって他に移ったりしたんだったけな~

リンク:「isweb-infoseek騒動」を古き良きホームページで ゆめみがちサロン

ちょっとしたへきるネタ2本

へきるサイトのほうには更新済みのネタ。とりあえず日ごろアニメイトで配布されているフリーペーパーの「きゃらびぃ」の声優版が出るとの事。その中で「Nature」のインタビュー記事があるとの事で、ラジオではインタビュー答えましたよ~と本人が行っていたので、

リンク:声優ファンの為のフリーペーパー「声優きゃらびぃ」アニメイトにて11月12日配布決定!! アニメイトTV

一部間違いがあるらしいけど、大体の声優の芸暦の表だそうだ。
こういうのにへきるの名前があると、まだ声優として認められていたり、生存扱いされているんだなぁ~と少し安心する。

リンク:声優芸暦一覧表が出来たよー(^0^)ノ  他 きょうもやられやく

続きを読む: 久々の更新になっちゃってるなぁ~
s_harukaze (2010年11月 7日 ) | トラックバック(0)

とりあえずダラダラと適当なことを。。。

アルバム発売は決定事項のようだな

本日放送分のラジオ「NATURE」で、椎名へきるのアルバムが年末に出る計画があることが判明。まぁ以前から通販サイトとかでタイトル未定っていうのは、出ていたのは確認してた。 ただ、あれはガセだとか飛ばし情報だという説があったので、確定的な情報入るまではサイトのほうに掲載を見合わせてた。とりあえず、そろそろ掲載できそうですな。 年末ってことはカウントダウンライブに新曲が含まれるという事か~。

アニメの感想とか~

土曜の深夜はアニメシャワーというのが、もう10年以上前からの定番。まぁ一時期ほとんど見ていない時期とかもあったけど、まぁとりあえず見ていたような気がする。 ストーリーが凝ったアニメからシンプルにドタバタを描いたアニメ・日常や萌えとかいろいろなジャンルがあった。な~んとなく見たり見なかったり記憶に残っていたり残っていなかったりした感じで、アニメシャワー枠のアニメってこういうもんだよなぁ~っていう、なんとなくの基準ってあるよなぁ~っていうのに最近気づいた。

何とも表現しにくいのだが、B級臭い作品って奴。 製作にそんなにお金がかかっていないというか、なんというか、すごい作画のクオリティーが高いわけでもなく、むちゃくちゃ有名な原作な訳でもなく、キャストが超豪華って訳でもないし、ストーリーもむちゃくちゃ難解なことも無く、けっこうシンプル。これ単体では、週末の楽しみとしてはパンチ力が弱いんだけど、前後とかに他の作品もあったりするので、ついでに見るような作品。なんとなく流しっぱにしてても問題がないような感じのテンポだったりストーリー展開なのがミソなのかも。その時期その時期のアニメシャワー枠に1本くらいはあるような気がするので、なんとなくアニメシャワー枠の作品一つのはこういう作品あるよなぁ~っていう印象。

そんなこんなで、自分の中ではいかにもアニメシャワー枠っぽい作品なので、探偵オペラ ミルキーホームズがなんとなくのお気に入りになってます。

リンク:探偵オペラ ミルキィホームズ公式サイト|アニメ

さすがのクオリティー

記事どうこうというよりも、、、写真でなにか印象が変わるよなぁ~と思った。まぁなんというかさすがのクオリティーですね。

リンク:【2ch】ニュー速クオリティ:香川県で300人規模の反中デモ

逆に怪しいw

ここまで、大きなリアクションで否定されると怪しいと思うのは俺だけなんだろうか?

リンク: 知らないにゃ~|Twitterで話題のつぶやき まとめ

続きを読む: とりあえずダラダラと適当なことを。。。
s_harukaze (2010年10月25日 ) | トラックバック(0)

結局週末に書いてるなぁ~

結果キターーーーー

ドリームクラブZERO」の投票企画、「教えてピュアソウル!」の結果発表が出ました。その反応とかそういうもの。

リンク: 『ドリ-ムクラブZERO』遙華のロデオ動画とカラオケ動画キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!:萌えオタニュース速報

リンク: ドリームクラブZERO、「教えてピュアソウル!」結果発表‐ニコニコ動画(9)

のんびり聞く予定

坂本真綾の朗読をUSTREAMで生配信するそうです。土曜の22時からだそうです。 のんびりと聞いてみるのも良いかも。。。その時間帯のラジオをどうするかは、その時考えるww

リンク: 『坂本真綾の満月朗読館』 | 最前線

まってた

たまごまごごはんのけいおん!の感想が更新されてました。 なんとも

リンク: ロックンロールは鳴り止まないっ、放課後ティータイムは終わらないっ!「けいおん!!」番外編26話 - たまごまごごはん

けいおん!!ネタ

仕掛ける側と仕掛けられる側の高度な遊びというかなんと言うかww
もう、なんだか凄い領域になりつつある遊ぶ側と、そこまで来たかぁ~と苦笑いの公式サイドって形。まぁそれなりに売れるんでしょうなぁ~。

リンク: 今日もやられやく 俺らは金づるか・・・『けいおん!!』 の無洗米がでるぞー

リンク: 『けいおん!!』午後ティーのブラマンジェ作ってみた ほか:萌えオタニュース速報

漢字って面白いな

VIPのネタスレのまとめのようなもの。漢字っておもしろいなぁ~。

リンク: 气<誰かわたしのメ知りませんか? BIPブログ

続きを読む: 結局週末に書いてるなぁ~
s_harukaze (2010年10月23日 ) | トラックバック(0)

いつもの年末かぁ~

召集令状が発送されたらしいです

まだ手元に届いてはいないので、サイト更新をためらっておりますが、椎名へきるの年末のカウントダウンライブが決定したようです。気がつけば、今回で5年連続と。まぁまぁいつも通りの年末がまたやってくるという事ですね。

けいおん!!26話

位置づけとしては番外編なんだが、なんとも最終回な内容の話だったな。時系列的には、22話の後、23話の前くらいかな。
今までの様々な伏線を回収しつつけいおん!!らしい話に仕上がった感じ。原作の話を回収しつつも、最終話の卒業式に対して上手い前振りの話にもなっているような気がする。
唯達が3年になってからのけいおん!!の裏のテーマであった、3年卒業後に梓が独りぼっちになるっていう事に対して、原作では最終話で答えを提示したことに対して、アニメのほうでは24話とこの番外編が答えだったんだな~と思った。
この話があるおかげで、23話と24話の見え方が変わってくるよなぁ~
けいおん!!のTVシリーズの後半をさわちゃんに注目してみると、なんだか目頭が熱くなります。

それと、映画化決定らしいけど、、、どういう話にするんだろうなぁ~。

なんだかずれてるよ

かわいすぎる何とかが、もてはやされたりする昨今ですが、とりあえず女の子を出せば良いってもんじゃないと思うんだけどなぁ~。
スレ番187は天才だと思うww

リンク:痛いニュース(ノ∀`) : 18~25歳の女の子が握る寿司店、アキバにオープン - ライブドアブログ

中の人がいうなら確かだな~

オタキングex内の無料コンテンツひとり夜話更新されてた。パチンコ化されると原作者が儲かるとかそんな事を思っていたらそうでもないんだな~。これは参考になった。

リンク:【夜話】第25弾 みんなの聞きたいことに答えましょう (2010/2/19、東京・第6回講演) - オタキングex公式サイト

日本でもこういう事が起こるんだ

報道の自由というのは、政府などに干渉されずに自由に報道をしていいという部分もあるし、その反面、あえて事件などをスルーしてしまうという事もあるわけで、、、
理由はどうであれ、今回のこういう事は、スルーしてしまうという判断が働いたんだな~。

リンク:痛いニュース(ノ∀`) : 「尖閣、渋谷2600人デモ」 CNNが報道する一方、日本のマスコミは... - ライブドアブログ

続きを読む: いつもの年末かぁ~
s_harukaze (2010年10月 3日 ) | トラックバック(0)

テストなう

PostTweetプラグイン v1.0.3

Twitter告知用に試しに導入してみようと思ったわけです。 twitterの認証システムが変更されたのに従い、以前使ってた奴が、ダメになってたみたい。
自分でどういうポストに出来るか変更が出来るので以前使ってた奴より使い勝手は良いみたい。
一般のブログサービスだったら、いつの間にか対応なんだろうけど、MTは自分でやらないといけないのが、面倒でもあり、楽しい。
後は実際やってみてちゃんと動くかどうかだな。

リンク:MovableType用PostTweetプラグイン v1.0.3 (エムロジック放課後プロジェクト)

情報確定

携帯サイトで、某アニメの最終回にゲスト出演するって告知らしきものが出ていたものの、どの作品かがわからなかった問題。
有力な候補だった番組を実際見てた者からの報告が来ました。生徒会役員共で確定のようです。
まぁなんだ、あんまり演技が良くなかったとか書かれているのだが、、、実際見てみないことにはなぁ~。

たしかに話題作だけどさぁ~

なんか凄いことになってるようで。あてが外れたら大変だぞ~って思いつつも、なんとなく売れるんだろうなぁ~って気がしてしまう。

リンク:アキバのけいおん!4巻入荷数がハンパじゃない:萌えオタニュース速報

学生当時に聞いていたら、、、

オタキングEXの無料動画コンテンツが更新されてたわけで。神戸電子専門学校での講演の後半。ベーシックインカムの話はさておき、他の話は、なかなか興味深い話というか、視点をかえて見てみるとなるほどなぁ~と思う内容。

リンク: 【夜話】第24弾 国民スナフキン化計画、みんなの相談 (2010/8/21、神戸電子専門学校 後半) - オタキングex公式サイト

いろいろ考えてしまうなぁ~

P.S.すりーさん以前が更新されてました。最近、P.S.すりーさん本編のキャラクターがチラッと出てきたりしてたんですが、ついにあのキャラが登場。
しばらくは作者が単行本製作の為に、P.S.すりーさん以前の連載は一旦お休みの模様。ちょっと残念だが、仕方ないよなぁ~。

どりきゃすさんの黄金時代のエピソードは、いつ出るのか楽しみにしつつ、待つとしますかぁ~。

リンク:GAME BRIDGEBlog » P.S.すりーさん以前 No.22

s_harukaze (2010年9月26日 ) | コメント(30) | トラックバック(0)

5項目日記

ドコモの新CM

前回のCMが良かっただけに、どんなものかなぁ~と期待してみたものの、地味~な対談形式のCMで、意外性のあるものを期待していただけに、ちょっと残念

世界柔道

やっているとなんとなく見てしまう柔道の中継。組まずに足を取りにいく技が反則に変わったとかなんとか。そ~んなことよりも、単なるスポーツ中継のはずの柔道が、ちゃっかりドラマなどの番組に使われていることに、なんとなくの変な感じを受けた。

少しは涼しくなったのかな~

今日は32度程度の最高気温。それでどことなく涼しくなったと思えてしまったのが、なんとも。普通に考えたら32度ってめちゃくちゃ熱い日のはずなのになぁ~。風にどことなくの涼しさを感じたので、秋は近づいてきているのでしょうね。

空から日本を見てみよう

今日は、東京横浜の夜景スペシャル。もうなんだか凄いなぁ~と若干田舎者の自分は思うわけで。しっかしまぁ~首都圏は人が多いからあんなとんでもない事になっているんだろうなぁ~と思った。

続きを読む: 5項目日記
s_harukaze (2010年9月10日 ) | トラックバック(0)

大阪ライブ

椎名へきるの大阪ライブに行ってきました。一言でいうなら「良かったですよ~」といったところです。

続きを読む: 大阪ライブ
s_harukaze (2010年8月19日 ) | トラックバック(0)
« xml | メインページ | アーカイブ | ライブ »